かゆいところに手が届く Ywebsys mail icon お問い合わせ

研究・開発

  1. プログラミング
  2. データ整理と表示
  3. データベースの構築
  4. 機器との接続

プログラミング

ライブラリなどを効率よく使用し、可読性の高いコーディングを行います。

ソースコードの最適化
冗長な処理をできるだけ省き、オブジェクティブに参照。また、不要な大規模開発は減らし、ライブラリの利用を奨めてまいります。また、ソースコードの可読性を高めるためのインデントなども行います。
パッケージ化
制作した関数を使いやすくするため、パッケージ化などを行います。
READMEやヘルプドキュメントの作成
使用時に必要な環境などを取扱説明書に詳しく記載。

データ整理と表示

収集したデータの整備が研究作業の基盤になります。

データベースの構築

上記と同様に収集したデータの整備が研究作業の基盤になります。

データベースサーバの構築
既存のOSまたはLinux環境の構築、データベースソフトのインストールを行い、複数人がデータを保存・利用・共有しやすくします。
APIの作成
さまざまな言語の関数によりデータが取り出しやすいようイントラネット内でのWebサービスを構築しURLを指定することで、指定した形式(JSON, XMLなど)に出力します。

機器との接続

センサのデータなどを効率的に取得し保存

センサデータの取得
小型マイコンの Arduino や カードサイズ型コンピュータの Raspberry Pi などを用いてセンサの値を定期的または継続的に取得することが可能です。
パケットキャプチャ
ネットワークに接続されたセンサのデータをパケットキャプチャし解析の上データを成型し保存します。
/事業案内 > 研究・開発